アトピー治療注意点

アトピー治療における生活の中での注意点について

アトピー治療における生活の中での注意点は、色々ありますが、まず大事なことは、体の清潔を心掛けることです。日常生活では、爪は短く切っておきましょう。アトピーの辛いところには、どうしても無意識にかいてしまうからです。普段から気をつけていても、就寝時に無意識にかくことがあるので、その時のダメージを少なくする上でも、爪は短く切っておくべきです。アトピーの症状が酷い人は特に注意しないといけません。アトピー治療するなら、生活の中では、ぬるめのお湯を心がけることです。お風呂上りは、アトピーの痒みがひどくなる傾向にあるので、体を温めすぎるのはよくありません。血行が良くなって身体が温まると痒みが酷くなるので、痒みの症状を極力抑えるため、お風呂に入る時は、ぬるめのお湯につかることです。これは、痒みの症状が少しでも緩和するための対策です。日常生活では、紫外線対策も大事です。アトピーになると肌のバリア機能が弱くなるからです。肌トラブルを引き起こしやすい状態になっているので、そうした時に紫外線を浴びると、刺激で炎症を起こし、アトピーを悪化させることになります。外出時は、日焼け止めクリームを塗って、肌の露出を避けるようにしましょう。

 

アトピー原因

2015/12/21 19:13:21 |

アトピー治療に役立つ食事や栄養素は、どのようなものかというと、ビタミンB2が大事です。アトピーになる一つの原因として、砂糖や脂肪の取りすぎが挙げられます。そして食物繊維やカルシウムなどの栄養不足が考えられます。食事については、食品添加物の影響があるので、アトピー治療には、魚や野菜中心の和食を食べるようにすることです。ビタミンB2は皮膚の再生に必要な栄養素なので、ビタミンB2を含む食材をバランス良く取ることです。基本的には、肉類、卵、乳製品は極力控えるようにし、アトピー治療にあたっては、菓子パン、洋菓子、スナック菓子、インスタント食品は食べないようにします。和食中心の食生活を心がけるようにすることが大切で、おすすめは、味噌汁、納豆、青背の魚、白身魚、貝類、野菜の炒め物や煮物などです。これらを中心とした食生活で、ビタミンとミネラルを補うように努めます。αリノレン酸を多く含む亜麻仁油を摂取し、DHAやEPAを多く含む青背の魚を食べるようにすることは、アトピー改善に功を奏します。ビタミンE、カロテノイド、ポリフェノールなどの抗酸化力のある栄養素を取るようにすることも大事です。

 

アトピー治療